不倫調査

不倫調査はできることから始めてみましょう。

貴方の夫が不倫している?
不倫調査なら信頼できる探偵事務所・興信所に任せましょう。

 

夫が不倫しているかもと思ったら、まずは貴方のできる範囲で情報を集めてみましょう。 
強引にすると警戒されてしまうので、それとなく、調べるのがコツです。
こちらが夫の不倫を疑ってることが察知されると、夫に警戒されて、簡単には尻尾を出さなくなってしまいます。

 

夫が不倫しているかもと思ったら、冷静を装って、まずはこんなところをチェックしてみてください。

 

1.夫のパソコン
 
パソコンを開いても、夫のユーザーIDはロックがかかってあけられないかもしれません。
夫のIDは開けてもメールソフトにパスワードがかかっている場合があります。
フリーソフトでパスワードを探せるものがあります。
また、記念日や誕生日、住所や電話番号をパスワードにしている
場合があるのでそれらをインプットして解除できる可能性もあります。

 

パスワードのロックを解除できれば、パソコンから情報をとることができます。

 

メールソフト以外にもインターネットエクスプローラーの閲覧履歴から不倫のヒントをつかむこともできます。
 
2.夫の携帯(スマートフォン)

 

スマートフォンや携帯電話にロックがかかっていても、記念日や誕生日などから解除できないか試してみてください。
ロックが解除ができれば、メールや着信の履歴から情報をとることができます。
また、今では外出先からSNS(facebook、twitter、LINEなど)もやり取りができるので、ここもチェックしたいです。
携帯にツーショットで写真が残っていないかもチェックしたいです。

 

いろいろ、チェックするには時間がかかるので、携帯やスマホからデータを
USBなど外部メモリーやパソコンにコピーして後でゆっくり分析する方法もあります。
夫に気づかれないように行わなければならないので、慎重に進めましょう。

 

3.夫の車の中

 

社内のチェックもできるだけ夫には気づかれないで行いたいです。
ダッシュボードやサイドポケット、座席の下などに不倫相手のアクセサリーが落ちている場合もあります。
いろいろな場所を探しても、夫に気が付かれないように、元の状態に戻しておくことが大切です。

 

社内にレシート(領収書)が残っていて、レストランであれば人数が記載されています。
店名から場所や印字時刻から日時が判別できます。ダッシュボードやサイドポケットを注意深く見てみましょう。
場合によってはホテルのレシートが出てきます。高速道路の領収書からはいつどこへ行ったかがわかります。

 

不倫相手のプレゼントや忘れ物が見つかることがあります。
車内にいつも積んであるバック(ゴルフバッグやテニスラケットのバッグ等)に隠してあることもあります。

 

また、灰皿からは夫のいつもと違う銘柄のたばこが出てこないか?
口紅がついていないかなどをチェックします。

 

高速道路を使う際にETCシステムを搭載した車の場合、ETCカードから履歴がチェックできます。
また、メーターから走行距離をこまめにチェックすると特定の日は遠出をしていることがわかります。
都内で仕事だったはずが走行距離が伸びていると遠出敷いた可能性があります。

 

シートの足元は死角になりやすく、レシートや不倫相手のアクセサリーが落ちていることもあります。

 

ゴミ箱やトランクなどもくまなく調べてみましょう。

夫が不倫している?疑わしかったらまずは真実を知ることが大切です。

貴方は夫の不倫が発覚したらどうしますか?

 

不倫をやめさせて、夫とは復縁したいですか?
それとも、不倫をやめられない夫とは離婚しますか?

 

どちらにしてもまずは真実を確かめることが大切です。

 

長年に渡り、多くの不倫調査で実績と経験を重ねてきた興信所に任せると、問題を解決できます。

 

不倫調査なら信頼できる興信所に依頼をするのが一番近道です。
5日間の調査を依頼した場合の相場費用は大体25万円〜40万円位です。
15,000円〜20,000円(1時間当たりの調査費用相場)X 20時間(4時間 X 5日間)

 

不倫の事実を確かめるだけで、相手の目星がついていたり、
行動パターンが分かる場合はこの相場価格よりも安く上げることが可能です。
もしも離婚を視野に入れて、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために不貞の証拠をつかむ必要がある場合は、
調査時間が長くかかるため、この相場費用よりも高くなる傾向にあります。

 

いずれにしても、実績のある親身になって相談に乗ってくれる探偵社や興信所を探すことが大切です。

あなたの調査依頼内容によって不倫調査の費用は変わってきます。

まず、あなたはパートナーの不倫相手のことを知っていますか?
会社の同僚?学生時代の同窓会で再会した人? バーのお姉さん?

 

また、不倫をしている日は特定できそうですか?
例えば金曜日は必ず残業や飲み会が入って遅くなったり、急に習い事を初めて火曜日は遅くなるなど、
不倫しているであろう日が特定できれば調査期間も短くて済みます。
不倫相手と不倫する日がわかっていると費用が安く済みます。

 

また、あなたは不倫調査の結果、パートナーが不倫していた場合は離婚したいのですか?
それとも子供のことを考えて、離婚は避けたいのでしょうか?

 

探偵事務所や興信所に不倫調査を依頼=離婚というわけではありません。

 

不倫調査を依頼して、結果敵に相手が不倫していても70%の人は復縁を希望する傾向にあります。

 

不倫の証拠を離婚裁判だけでなく、復縁するにも役に立ちます。

 

また、復縁を希望する場合は一回の不倫現場の証拠があるだけで、パートナーに不倫をやめさせる事ができます。
一番効果的なのはパートナーの不倫相手に証拠を送って関係を終わらせるように話をすることができます。 
また、パートナーの目を覚まさせることもできます。 うまくいけば1日の調査で終わらせることができます。

 

これに対して離婚裁判となった場合は有利に進めるためにパートナーの不貞を証明しなければなりません。 
これは複数回の不倫の証拠を取る必要があります。このため、費用も必然的に高くなります。

 

1日の調査なら8万円位で5日で40万円くらいの金額がかかります。

不倫調査をするなら、どんな探偵を頼んだらよいのか?

ここで難しいのが不倫調査を依頼する探偵選びです。

 

不倫調査の見積もりをたとえ同じ条件で数社に依頼したとしても20万円〜100万円の差があるそうです。
どうしてこのような差が出てくるのでしょうか?

 

まず、不倫調査を一般にお願いすることはなかなかありません。
不倫調査の相場価格が一般的に知られていないことがあげられます。
不倫調査を何度もお願いする人はいないため、価格感があまりないことにもよります。

 

また、探偵は届け出をすれば誰でもできることもあり、残念ながら誠実ではない探偵社もあります。
これが大手と言われ広告まで打って名前が知れているところでさえも、誠実でない会社があるので、
不倫調査を依頼するのも依頼先を選ぶのが難しいところです。
また、大手の中では実際の調査は下請けに出して、自分たちで調査しない場合もあります。  
下請け会社ではアルバイトを使い調査をしたりということも行われています。

 

見積もりが100万円を超える高額なケースは顧客が相場を知らないことを逆手にとって吹っ掛けられている場合が多いです。
また、それだけの金額を出して期待した結果が出ればまだよいですが、不誠実な会社の場合がが多いので、
結局証拠が取れずに終わってしまう場合も多いです。

 

見積もりがほかの会社より安いケース。
当初20万円程度の見積もりが出ていたにもかかわらずあとから追加の費用を請求されて、結果的に高額になる場合があります。
結局、不倫調査を依頼する場合はその探偵事務所が信用できる会社であるか見極める必要があります。

 

信頼できる大手は広告がかかっているので費用も高くなる傾向がある。
広告費をかけていない中小でも調査力のある信頼できる探偵はいる。

 

成功報酬制をとっている会社もあります。依頼する側からすると証拠が取れなければ費用が掛からないかのように誤解してしまいますが、
実際は1日調査をすれば費用は発生するわけで、その必要経費は払う必要があります。
証拠がとれれば、経費+成功報酬でもよいかもしれませんが、証拠は取れなかったが尾行は成功したから成功報酬、
といって何度も調査するかもしれません。
依頼した側からすると、証拠が取れないとなんの意味もないですね。

 

実際に探偵選びに成功した人の意見を聞くとこんな探偵事務所や興信所を選ぶと良いそうです。

 

 

  1. あまり宣伝に費用をかけていない。

  2. 料金がHPなどに書いてあり、見積もりをとならくとも費用の目安がわかる。

  3. きちんとリスクも説明してくれる。

  4. 電話で話をしても、契約を催促しない。

  5. 費用は調査報告が終わって納得してからの後払いという契約ができる

 

 

知恵袋などを読んでも探偵事務所の自作自演でよいことばかりが書いてあるという事実もあります。

 

素人がよい業者を見分けるのは難しいです。
探偵や興信所を選ぶのに時間がかかってしまっては、肝心の不倫調査がなかなか始められません。
そこでお勧めの会社を紹介します。

原一探偵事務所

SNSで浮気発見

 

<原一探偵事務所はこんな人におススメです。>
すでにパートナーが何度も浮気をしてしまって、離婚を視野に浮気調査を依頼したい人。
裁判になった場合に有利に進めるためには不貞の事実を証明する必要があり、複数回の浮気現場の証拠が必要です。 
相手に気が付かれずに証拠を押さえて、なおかつ裁判で認められる報告書を提出できる実績と経験がある会社がおススメです。
テレビで捜査協力を行ったり、知名度も高いためそれなりの金額ですが、信頼できる探偵社としておススメです。

 

 

<原一探偵事務所の紹介>
信頼のできる興信所なら業界最大手、調査実績41年の原一探偵事務所がお奨めです。

 

原一探偵事務所なら80,000円〜/1日+基本料金40,000円の明瞭料金です。
契約前の相談・見積もり無料。見積りには諸経費を含む総調査費が含まれますので、
見積もりから追加費用は一切かかりません。

 

テレビ番組「徳光和夫の“逢いたい”」「バンキシャ」「ニュースプラス1」
他多数で調査力の必要な難しい調査も解決し、報道関係者から依頼される実績です。

 

信頼できる興信所として審査基準の厳しい県庁(埼玉県庁)のサイトに唯一、原一探偵事務所が掲載されています。

 

全国主要都市(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・北海道・仙台・大阪・岡山・広島・愛媛・九州)に
14拠点のネットワークがあり、日本全国を対象に調査を承っております。

 

離婚を進めていく場合は各顧問弁護士を紹介してアフターフォローも充実しています。

 

>>TVでおなじみ原一探偵事務所<<

街角探偵相談所

街角探偵相談所

 

<街角探偵相談所はこんな人におススメです。>
パートナーの浮気を疑っているが確証がほしい。 
もし浮気していても子供のことを考えると離婚はせずにできれば復縁したい。
こんな場合、浮気の証拠は1度の浮気現場の写真だけで済みます。

 

浮気相手と別れさせて、パートナーには目を覚ませてもらいたいといった人におススメです。
あまり広告費等にお金をかけていない為、知名度はありませんが、
十分実力のある実績があり信頼できる探偵や興信所を紹介します。
もちろん、提出される証拠は、裁判になったときにも十分使える質の高い報告書です。

 

また、街角探偵事務所を通すと定価の2-4割の割引がきくのでまずはこちらで探すことをお勧めします。

 

<街角探偵相談所の紹介>

 

街角探偵相談所は登録して匿名で浮気調査の無料相談することにより、自分の希望に合った数社の興信所、
探偵を紹介してもらえる、仲介サービスです。

 

自分で調べた探偵各社に見積もりを取るよりも適切な探偵を紹介してもらえるので信頼できる興信所、
探偵を早く決めて調査を始められます。
街角探偵相談所なら、やり取りはアドバイザーのみで、数社の適切な探偵、興信所を紹介してもらえます。

 

街角探偵相談所ならテレビ広告などを打っていないため、名前はあまり知られていないが優良で信頼できる探偵を紹介してもらえます。

 

料金は街角探偵相談所経由で紹介してもらった場合は、通常料金の20−40%引き、特別割引の概算見積もりが適用されます。

 

すでに他社で見積もりをもらった場合は、そこより安い探偵社を紹介できます。

 

都道府県の警察署公安委員会に探偵業の届を出している興信所、探偵のみ。
過去に一度も行政処分を受けていない興信所、探偵のみ。
探偵キャリア3−5年以上の調査員がいる興信所、探偵のみ。
弁護士事務所と提携している探偵、興信所のみ厳選。
裁判で利用できる調査報告書を作れる探偵、興信所のみ厳選。

 

>>信頼できる探偵事務所を探すなら、街角探偵相談所がおススメ<<

探偵探しのタント君

探偵さがしのタントくん

 

<探偵探しのタント君はこんな人におススメです。>
パートナーの浮気調査のようなデリケートなことを依頼するのだから、探偵事務所や興信所の担当者も話の合う人がいい。
紹介してもらった探偵事務所や興信所もよいところだけれども、もう少し自分にあった興信所を探したい。
上記で紹介された探偵事務所や興信所で相性が良くなかった場合にこちらで探すことをおススメします。

 

 

<探偵探しのタントの紹介。>
どこの探偵社を選んだらよいかわからないというあなたに
探偵探しのタント君なら選りすぐりの探偵の中からあなたにあった探偵を無料で紹介。
探偵社の比較不要、匿名OKで安心の探偵選びができます。

 

厳しい審査を通過した探偵社からご依頼内容にあった探偵社をご紹介。

 

しつこい営業電話は一切なし、問い合わせの後、こちらから必要以上の連絡、勧誘は行っていません。
貴方にあった探偵社を経験豊富なスタッフが探します。

 

探偵社にはそれぞれ調査の得意分野がありますので、ご相談内容に合わせてご紹介します。
匿名OK何度でも無料相談探偵探しのタント君だから探偵社に個人情報が伝わることなく何度でも相談無料。

 

相談いただいた内容、個人情報はしっかり守りします。
御相談者様からヒヤリングしたプライベートな内容は守秘義務を徹底しています。

 

電話相談を重視。御不明点がありましたらタント君の相談員がとことんお答えします。

 

>>探偵さがしのタントくんで、あなたにあった探偵を!<<

浮気が不倫になる前に、不倫調査をするには、信頼できるプロを探しましょう!

石田純一、不倫は文化だと言って有名になりました。
そもそも不倫とは何でしょうか?

 

気持ちが入るのが不倫で単なる遊びが浮気。
未婚者が行うのが浮気、既婚者が行うのが不倫
浮気の意味は交際している人がいるにもかかわらず、ほかの人と交際するのが浮気。
心定まらずにフワフワといろいろな人に心奪われることを言います。
人によっては、別の人を好きになった、手をつないだ、キスをした、
肉体関係まで進んだなどいろいろな定義があります。
不倫は既婚者が、配偶者以外と肉体関係を伴う交際を行うこと。
肉体関係がなければ不倫にはならないとの考えもあり。
浮気はやり直しがききそうですが、不倫となると根が深いので難しくなりそうです。
男女にアンケートを撮った結果は、約30%の夫婦間で浮気が発生している。

 

不倫と浮気の違いは人によってまちまちかもしれません。

 

不倫の場合はすでに既婚者の場合、浮気は独身者の場合に使われることが多いですね。
浮気性の人は問題ですが、不倫となると法的に責任を取らされる可能性が高くなります

 

浮気は取り返しがつきますが、不倫は取り返しのつかなくなることが多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫調査は頼むようなことなんでしょうか?必要な費用は?何日間待てばいいの?それに不倫調査を任せても、納得できない結果だったら誰に相談したらいいんだろうとか。いろんなことを躊躇うのも普通のことなんです。
本当に妻や夫など配偶者の様子を見て「浮気?」と悩んでいるんだったら、何をおいても不倫の証拠になりそうなものを探し出して、「浮気しているのかしていないのか!?」クリアにしてください。疑っているばかりじゃ、解消に向けて前進はできっこないんです。
浮気や不倫トラブルの弁護士に支払うことになる費用については、被害に対する慰謝料を何円にするかによって違ってくる仕組みになっています。支払いを求める慰謝料が高額になればなるほど、その際の弁護士費用に含まれる着手金だって高くなってしまいます。
短絡的に費用が安いということだけではなくて、全体的に無駄を取り除いて、確定する値段がどれくらいなのかに関しても、どの探偵社に不倫調査を申し込むか選ぶ際には、ポイントと言えるのです。
最終的に、相手への慰謝料っていうのは、相手サイドと行う交渉によってだんだん決まっていくのが常識なので、依頼するのに必要な費用を検討していただいて、専門家である弁護士を一度訪問してみるというのもいい選択です。

自分一人で不倫している証拠を集めるということは、あれこれと障害があって苦労があるので、不倫調査に関しては、確実な不倫調査が可能な探偵事務所等で調査してもらうのが一番です。
相談を受けた弁護士が不倫に関係する問題で、ひときわ重要であると考えていること、それは、速やかに済ませると言っても間違いないでしょう。依頼者が請求人であっても、その逆の立場であったとしても、お待たせすることのない応対をするのは当然です。
浮気だとか不倫だとかによって当たり前の家庭生活を台無しにしてしまい、離婚という結果になってしまうことだってよくあります。しかもそれ以外に、精神的ダメージという被害への損害賠償として高額な慰謝料の請求という悩みも起きるのです。
見積もりした調査費用が異常に安いものについては、格安料金の理由があるわけです。調査してもらう探偵などに調査スキルや経験がさっぱり無いなんてケースも見受けられます。探偵事務所を選ぶのならじっくりと行ってください。
一般的に不倫調査は、依頼者によって調査を行う内容などが違うケースが多いものだと言えるでしょう。こういったわけで、不倫調査の詳細について契約内容がはっきりと、かつ的確に整備されているかを確認しましょう。

不倫や浮気のトラブルについては、証拠となるものや情報などを集めるのは、夫側との話し合いの場を持つ場面でも必須なんですが、例えば離婚する可能性がゼロでないのなら、証拠の重要度がますます高まることになります。
調査していることを見抜かれると、それ以降は証拠を見つけるのが面倒になるという特徴があるのが不倫調査です。なので、不倫調査の実績が多い探偵がどこなのか見極めることが、最重要ポイントです。
子供が生まれている夫婦のケースだと、離婚することが決まって父親である夫側が親権を取りたいという希望があるのでしたら、実態として妻が「浮気が元凶となり育児をせず母親としての役割を果たしていない」などの状況がわかるハッキリとした証拠が無ければいけません。
探偵に依頼した場合の明瞭な料金を確かめたいと考えるのが普通ですが、探偵や興信所の料金がどのようになるのかに関しては、それぞれの場合で見積書を作らない限り明確にすることができないのが現実です。
今日、不倫調査というのは、日常的に身近に実施されているんです。そのほとんどが、自分が不利にならない離婚をしたくてたまらない方が探偵にお任せしているものなんです。上手な離婚のための方法なのは間違いありません。